ホーム > 器材 > ダイビングコンピュータ > GARMIN Descent ダイビングログ データ転送されない件

GARMIN Descent ダイビングログ データ転送されない件

GARMIN データ転送されない件

ダイビングデータがスマートフォンに転送されない事案が確認された。気が付いたのは今年の初め。

「そういえば今のダイブ本数はどの位かな?」と、気になってGARMIN DIVEを開いたところ、昨年のモルディブの記録は残っているが年初のトライアングルの記録が載っていなかった。当然ここで「同期」をした訳だが、昨日のトレッドミルの記録とか、現在の心拍数の記録などは正常に転送されているのに、年初のダイビング記録だけが転送されなかった。その後、いろいろな操作を試してみたが、当該データが転送されることはなかった。

転送されていない件数が3件の時点で気が付いたので、「まあ最悪この3件のデータが消えても仕方ない」と覚悟して、リセットを順番にしていくことにした。ガーミンのダイビングコンピューターのログデータはクラウドに保存されているので、時計とスマホがリセットされても失われることは無いのだ。

まずはスマートフォンからアプリを削除。ブルートゥースの接続設定を削除。そして再起動してからアプリの再インストールまでをやってみた。GARMIN CONNECT のダウンロード後、再度設定をしてペアリングをして同期。肝心のダイブデータは転送されず解決には至らなかった。手間が掛かっただけだった。

次に試みたのはダイコン側のリセット。転送されていない3件のデータはこの中にしかないので、水深や残圧やGPSデータなどの一切が失われて、単に「3本潜った」という記録を手動で付けるしかないと覚悟して作業開始。

まずは左上のボタンを30秒程度押して強制終了。画面が真っ暗になる。そして再度左上のボタンを押し、DESCENTの文字が現れたら右上のボタンを押す。ビープ音がしたらボタンから手を離すと冒頭の写真のように、「Loading FIT Files」と表示された画面になる。そして暫く待ってみるがこの画面から一向に進まない。10分も経つとこれは完全にフリーズしているのではないか?と思って色々操作してみたくなるがとにかく放置。すると暫くして画面が動き出す。15分、場合によっては30分程度待つ覚悟で挑もう。

やがて画面に「日本語」という言語設定を促す表示が現れて、リセットが正常に行われたことが分かる。タイムゾーンを設定して、スマートフォンとのペアリングを済ませると、「バックアップデータがみつかりました。リストアしますか?」という予想外のメッセージが表示された。YESを選択すると、暫く待たされるがリストアが始まる。

全ての作業が終了した後に「同期」を試してみると、ダイビングログデータが更新された。そして失われたと思われた、転送されていなかったダイビングログが無事に復旧した。

という事案が今年になってから2回も発生した。そしてまた次のダイビングのログも転送されなかったので上記手順を繰り返してみたが今度はうまくいかなかった。最終的に本体を工場出荷時に戻して再起動することになったのだが、そうしたらすべての不具合は解決し、正常に動作するようになった。但し、転送されなかったダイブログは失われてしまった。

このページが 役に立ったり面白かったら 評価をお願いします。
星1星2星3星4星5(評価: 5.00 - 1票)
Loading...
Category: ダイビングコンピュータ

コメントを書く

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


カテゴリー

Submit your video