ホーム > 器材 > レギュレーター > ATOMIC SS1 はアクアラングBCに取り付けできない事案。

ATOMIC SS1 はアクアラングBCに取り付けできない事案。

SS1

三種類のアダプターが標準装備されていて、「どんなBCにも取付けできますよ」的な売られ方をしているアトミックのSS1ですが(アトミック公式ホームページには次の様な記述があります。「広範なB.C.に対応:この種の製品としては初めて広範な種類およびサイズのB.C.ならびにB.C.ホースに対応しました。実質的にSS1はどのB.C.にも対応します。米国特許番号6,761,163」)、アクララングBCのホースには取付けできないという事実が発覚しました。

口径の合うアダプターを使い無理やり取り付けて使用したらエア漏れしてきたので使用を中止、そのままお払い箱にしてしまおうと思っていたのですが、ひょんなことから復活することになりました。吸いずらかったSS1も、吸いやすいように調整してもらったので、もう一度だけ試してみようかな。とはいえ、セカンドステージを一つだけにすることは、不安すぎてちょっと考えられないから、遠征用とかになるとは思うんだけどね。

事の顛末はこちらで詳しく

追記 2023/6/6
折角なのでSS1を装備して粟国で潜ってきました。安全停止中に使ってみたところ、確かに吸いやすくはなっていました。しかしながらスイベルホースに慣れていると、ノーマルホースの取り回し窮屈でなりません。やはり快適とは程遠い。
オクトパスなんて使わないよ、という前提であればとても良い選択肢だと思いますが、自分の場合は時々と言えども使う可能性が高いので、やはりこれを使う気にはなれません。
保険の付いた単なるインフレータとして考えようかとも思いましたが、ノーマルのインフレータに比べるとデカいし邪魔なので、残念ながらこいつはやはりお払い箱とさせていただきます。欲しい方いましたら高値で売り付けて差し上げます♪

このページが 役に立ったり面白かったら 評価をお願いします。
星1星2星3星4星5(評価: 5.00 - 2票)
Loading...
Category: レギュレーター
Tag :

コメントを書く

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


カテゴリー

Submit your video